おれはじつにばかだな

デジモノとアニメが好きな転職ばっかりしてるへなちょこボーダー日記

『Kyash』のキャッシュバックと『zaim連携開始記念キャンペーン』のプレゼントを受け取った。

今年の6月頭にサービスが始まった『kyash』のリアルカード発行と2%還元キャッシュバックですが、サービス開始からもうすぐ2ヶ月経過しようとしているところで、やっとキャッシュバックが来ました。

何事の通知も無く返ってくるものかと思ってたらしっかりとメールとアプリ自体の通知でキャッシュバックしましたよ!というお知らせがきました。

タイトルが駄洒落になってしまってますが、気にせずいきましょう。

既に公式Q&Aで公開されていましたが『Kyash』のキャッシュバック金額の算出方法は月間利用金額の合計ではなく、決済1回ごとに2%を乗じて算出し、1円未満については切り捨てになります。なので実質還元率は2%をちょっと下回る感じになります。

support.kyash.co

今回のキャッシュバックは「2018年6月7日~2018年6月30日」利用分となり、筆者はこの間に28555円を利用していました。(他のカードを使ったほうがお得だったりということもあり、思ったより使用しませんでした。)

そしてキャッシュバックで返ってきた金額が563円。付与日が利用翌月の25日~末日という事なので本日31日にギリギリ返金されました。

還元率で考えると1.97%となりましたが、それに加えて以前『Kyash』と『zaim』の『連携開始記念キャンペーン』で先着1000名に200円があたるというキャンペーンを行っていました。

たまたま家計簿アプリに『zaim』を検討していたのもあり、zaimをインストールしてkyashと連携させておいたところ、先着1000名の枠に間に合ったらしく今回のキャッシュバックと同じタイミングで200円がプレゼントされていました。

てっきり1000名枠は埋まってて特に何も起こらないんだろうな~と思っていたところのまさかのプレゼントでした。

キャッシュバックとプレゼント、これらはこのカード(サービス?)の特性上、どのように返ってくるのかちょっと疑問に思っていたのですが、単純に残高に加算されるだけで登録中のカードに返金処理されるということでは無かったです。(登録クレジットカードへの返金という事になると複数カードを連携させていると色々な問題が出てきますからね…)

アルカードが到着して約2ヶ月ですが、実利用としてどんな感じかと言うと普通のクレジットカード利用しかしてないです。

飲み仲間などにこんなサービスあるんだよね~という話をしても「お、便利だそうだね」や「そんな事もできるんだ」という話になるんですが実際に試そうというところまでは中々一歩が踏み込めないらしく、アプリを入れたところでリアルカード発行というところまではいかず、他のLINE Payなどの類似サービスも含めてまだまだ精神的な壁が高そうです。

アルカード発行からそこまでのニュースが無い『Kyash』ですが、なにか新しい事をしないと話題がなくて、2%の還元率が重荷になって、この後が辛そうなので頑張ってほしいところです。早いところ割り勘決済の小銭ジャラジャラ文化を破壊してくれ~

 

アルカード発行時の記事も書いてます。

kabayaki.hateblo.jp