おれはじつにばかだな

デジモノとアニメが好きな転職ばっかりしてるへなちょこボーダー日記

海外通販をしたら何も登録していないDHLから「On Demand Delivery」というメールが来た

f:id:kabayakin:20180207210417j:plain

なんだなんだ

久々に海外通販をしたら登録した覚えのない世界的物流企業の「DHL」よりメールが届きました。別に税関で引っかかるような物を通販した覚えは無いぞ。

それともDHLはこれから荷物を届けるから死んでも家に居ろよ。居なければお前の荷物はピザ窯の燃料として跡形もなくなる。と連絡しに来たのかと思ったら全然違いました。勝手にアメリカナイズしてすいません。

 

f:id:kabayakin:20180207210308j:plain

どうやら荷物の到着前連絡で、ヤマトのお届け予定eメールみたいなものでした。

www.kuronekoyamato.co.jp

DHLもこんなサービスやっているんだなぁ~と思い、検索をかけてみたら日本国内でのサービス範囲の狭さが凄い。東京23区ですら全域カバーしていないのに都下では広範囲でサービス提供しているみたいですね。あと大阪と神戸の一部地域についても。

DHL | プレスリリース | 日本語

* 現在のサービス地域
東京都内: 中野区、杉並区、目黒区、世田谷区、品川区、大田区稲城市清瀬市国分寺市小平市、狛江市、小金井市、多摩市、調布市西東京市東久留米市東村山市東大和市府中市三鷹市武蔵野市昭島市あきる野市青梅市国立市立川市、八王子市、西多摩郡(瑞穂町・日の出町)、羽村市、日野市、福生市、町田市、武蔵村山市
大阪府内:住之江区中央区阿倍野区住吉区天王寺区浪速区西成区堺市
兵庫県尼崎市

2016年末のプレスリリースなので、サービス地域は追加されている可能性があります。それらしい記事はヒットしませんでしたが…

筆者のエリアは運良く上記のリスト入りしていました。

荷物については平日に到着する予定とのこと。

Amazonはいつもコンビニ受け取り、コンビニ受け取りができない荷物は土日指定にしている筆者にとってはちょっと受取が難しそう…

配達日の変更ができるようになっているので早速変更してみました。メールのリンクをポチり。

f:id:kabayakin:20180207211911j:plain

選択できるのは配達方法は以下の3つ

・配達日を指定する

・DHLサービスポイントまたは宅配ロッカーで引き取る

・長期の留め置きを指定する

今回はグレーアウトしているので選択できませんが

宅配ボックス等、配達場所を指定する

・配達先住所を変更する

・近隣の荷受人を指定する

も選択肢としてありますね。日本国外向けサービスが一緒に翻訳されているだけですかね?

■2/10追記

上記の選択できないサービスについては今回配送される荷物の輸入関税手数料を代引きにて支払う必要があったため、住所変更や宅配ボックスへの配送が選択できないようになっていた模様です。荷物にはこんなチラシも入っていたため関税が発生しない場合は選択できるようになると思います。

右上の『お荷物番号』にカーソルを合わせると詳細情報が確認できます。

(下記の画像は既に配達日を変更した後なので予定日が変更されてます)

f:id:kabayakin:20180207214127j:plain

さらに最新の輸送状況を確認する場合は右上の『輸送状況の確認はこちら』から

f:id:kabayakin:20180207214823j:plain

詳細が見れますね。時間についてはおそらくJST(日本標準時)になっていると思います。日本標準時の2/5夕方にチェコプラハを出発、夜のうちにドイツのライプツィヒまで到着。プラハからドイツ方面となると地理的には日本から離れる方向になりますがDHLのヨーロッパ物流ハブがライプツィヒにあるみたいですね。

そして2/6出発の航空機便で2/7の朝には成田に到着、税関手続きを終えて夕方には東京へ。元々の到着予定が2/8だった事を考えるとチェコから東京まで約3日半で到着する予定ということですね。急に世界が狭くなったような感覚がしました。DHLの物流力すごい…

話を戻しましょう。先程の選択肢から「配達日を指定する」を選択。

f:id:kabayakin:20180207215432j:plain

時間指定もできるようです。

日曜、月曜の指定できなくなってましたが理由は分かりませんでした。土日は定期便の荷物受け入れが無く、元々営業所に保管している荷物以外の翌日配達は取り扱っていない、という勝手な妄想。

f:id:kabayakin:20180207215742j:plain

土曜日の午前中を指定してみました。配達希望時間は日によって午前中まで、という日もありましたが問題ありませんでした。この画面では郵便局のように来週以降の日程まで指定できませんでしたが、その場合は「長期の留め置きを指定する」を選択すればいいですね。

f:id:kabayakin:20180207215944j:plain

決定を押したら指定完了。リンクをクリックして最短5クリックで完了します。郵便局の再配達も登録する意味のよくわからない電話番号とか省略してこれぐらい簡素化してくれれば便利かな。

せっかくなので他の選択肢のページも見てみました。

・DHLサービスポイントまたは宅配ロッカーで引き取る

f:id:kabayakin:20180207220411j:plain

サービスポイントは営業所(物流拠点)の事を指しているみたいです。宅配ロッカーについては東京近郊では選択できるポイントがありませんでした。こちらも国外向けサービスですかね。

■2/10追記

上の方で触れていますが今回は関税(代引き)が発生するため表示されなかったと思われます。

・長期の留め置きを指定する

f:id:kabayakin:20180207220610j:plain

留め置き期日を指定するという事ではなく、配達指定日が一ヶ月以内まで指定できるようになるという事ですね。こちらの画面からも直近日での配達指定は行える模様です。

今回、DHLからメールがきた理由は仮想通貨ハードウェアウォレットの「TREZOR」を本家公式サイトより購入し、その時に登録したメールアドレスをメーカーのSatoshiLabs側がDHLに登録してくれたようです。

trezor.io

f:id:kabayakin:20180207222211j:plain

改めてショップカートを見ると"full track and trace capability."としっかり書いてありました。TREZORは白と黒の色違いを1台づつ、輸送費だけで26(EUR)×134円(ユーロ円)=3484円、およそ3500円でした。これだけ早いならこの値段も納得です。

日本のAmazonでも購入することができるのですが、どうしても輸入コストがかかるので値段は公式より高め、国内正規代理店もありますがどうしても不安がつきまとうので、本家公式から購入をしてみました。コインチェック事件を機に2/1に注文をして2/8到着予定なので一週間ぐらいで手に入れられるという事ですね。これぐらいでしたら公式から注文も意外といいのでは。

それでもAmazonからすぐ欲しいという人は

公式では現在発売していないグレーが異様に値上がりしてます。4万円て…

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (グレー)

ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (グレー)

到着したらブログでも紹介しようかと思います。同時期に注文した『Ledger Nano S』は到着までまだまだ時間がかかりそうなのでお急ぎの方は『TREZOR』を是非公式で。ではでは。

www.ledgerwallet.com