おれはじつにばかだな

デジモノとアニメが好きな転職ばっかりしてるへなちょこボーダー日記

PS4版『The Crew 2』を購入。決して乗り物が多いだけの箱庭ゲーでは無い。

つい先日の2018年6月29日に発売されたオープンワールド系レースゲームの「The Crew2」ですが、知人から一緒にプレイしないかと誘われたため、久しぶりに家庭用機でガッツリプレイしてみました。前作の「The Crew」が評判が良いことは知っていたんですが、私生活が忙しかったのもあり、購入を見送っていました。

 

今回の「The Crew2」は知人から誘われたのもあるのですが、久々に家庭用機(PS4)を動かす機会となったので、ガッツリプレイしてみました。まだ全ストーリーをクリアする所まではできていないのですが、過去にオープンワールド系レースゲームをプレイしていたこともあり、体験記的な形で記事を作りたいと思ったので少し書いてみます。購入に悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

筆者はオープンワールド(箱庭系)レースゲームの体験歴はPC(Steam)版の「Test Drive Unlimited(TDU)」(※TDU2は未プレイ)や「Euro Truck Simulator 2(ETS2) 」、Xbox360版「Burnout Paradise」などをプレイ済みです。どれも毛色が違うゲームですが、今回プレイした「the Crew 2」もプレイ済みの作品とは違ったところがあり、プレイして楽しかった点や、ここはちょっと物足りないかも、というところを語っていきます。

過去体験して来たオープンワールド系レースゲームでは基本自動車(ETS2は大型トラックのみ)、もしくはバイクを運転し、用意されたマップを縦横無尽に移動できるというゲームだったのですが、「The Crew 2」では基本的な自動車となるストリートレース用の一般車からクラシックカースーパーカー、ラリーカー、F1カーやまでは一般的なレースゲームでも用意されているのですが、他にもドリフトカーやプロ競技用のツーリングカー、ドラッグレース用に用意された車種から、もはやレースとしては不向きとしか思われないモンスタートラックも用意されてます。ゲーム内ではクラスでジャンル分けされているのですが、車だけでも9クラスが用意されています。バイクについても街乗り用の車種からラリークロス用、長距離用のバイクも用意されています。

なんでもかんでも数が多ければいいという訳ではないですので、モンスタートラックでプレイできるコースは、基本的にはジャンプ台やハーフパイプ等が設置されているコースでポイント競争を行う形になっています。車両ジャンル毎に競技ルールが工夫されているので、フリーランに飽きてお金稼ぎでもしようかな、と思ってもコースをぐるぐる回ってCPUのケツを追い回しているだけで、結局つまらない…という事も少ないと思います。

そして自動車だけにとどまらず、大きな巨体が全速力で駆け抜けるパワーボートや小型で小回りが効くジェットスプリント、曲芸飛行用の飛行機、そして曲芸用とは別にエアレース用の飛行機(毎年GW後に千葉で開催されているレッドブルのエアレースを想像してもらえれば分かりやすいですかね)、そして各クラスクリアのご褒美としてホバリングしたり地上を走る車と同じ速度で追うことができるヘリコプターや、水上だろうと地上だろうと関係なく独特の浮遊勘で動き回れるホバークラフトが用意されています。

基本的にはレースに勝利して賞金やフォロワー(ファン)を増やしていき、新しいパーツを入手する。パーツ自体はレースに勝つ事で入手できるのですが、新しい乗り物は基本的に自分で購入していく事になるのですが、同じクラス(乗り物のジャンル)で入手済みのパーツについては新しい乗り物を購入しても流用が効くので、金額が安い乗り物でレースに勝ち進んで行き、賞金を稼いで乗り物を購入した頃には既に強化用のパーツが数多く 揃っているというシステムになっています。車両の売却等はできないのでお金を稼ぐにはレースに出るのが一番になります。

モンスタートラックだけのゲームとか、エアボートだけのニッチなゲームなどは、よっぽどのファンでなければ購入まで結びつかないと思いますが、山間部のラリーレースが飽きたからビルの隙間をエアレース用飛行機でビュンビュン抜けたいといった思いや、カーブやジャンプ台の連続で緊迫したモトクロスレースに飽きたから長距離バイクで郊外の高速道路をゆっくりと流したい、といった様々な乗り物で叶えたい思いが「The Crew 2」一本だけで、割と簡単に叶えられるようになっています。

ガッツリしたレースに加えて街中でちょっとした小銭稼ぎができるミニチャレンジもあります。写真撮影機能のLIVE PHOTOモードも天候や時間、一般車やドライバー自体の表示非表示、ブラーやエフェクトの詳細設定に加え、LIVE PHOTOモードに入る前のタイミングに戻り、その時の写真を好きな角度、設定で撮る事ができるようになっており、このゲームの中でも一押しのモードだと思います。

 

マルチモードもこれだけ多種多様な乗り物があるとお祭り騒ぎのように楽しいです。地上をバイクでフレンドと走っていたらいきなり空から飛行機が接近してきて、スモークを焚きながら地上スレスレまで降りて来て、目の前がほとんど見えなくなったと思ったら高架下を通過して空に戻って行ったり、クリアできなかったレースもクルー(ゲーム内のグループ)に助けてもらう事でクリアになるなど、レースゲームのマルチモードとしての融合が良くできていると思います。

ここまでべた褒めですが、一方でここはどうなんだろう…というところもちょいちょいあります。乗り物の数があるからこその欠点もあるのですが、乗り物ごとによりレースのルールが違うというのは先程お伝えしたとおり。一部のクラスではレース自体に面白さがあまり無かったりするレースがあります。個人差はあると思うのですが、パワーボートレースはあまりスピード感が得られず、水上に設置されたブイの間を抜けていき、時にはジャンプ台を使って空を飛ぶのですが、あまりカーブも少なく、厳密なシミュレーションゲームでもないので、波が立っていても進行方向が左右にブレるという事も無く、単調に感じてしまうところがあると思いました。他のクラスではもしミスをしても挽回が可能ですのが、パワーボートレースにおいては一回のミスが致命的になることが多くあり、単調な上にミスをしてはいけないという思いから、苦痛に感じる部分でした。

他にも、このゲームのウリとしてメニュー画面から他の乗り物を選ばずに走行中、飛行中にそのまま乗換ができるというシームレス乗り替えシステムなのですが、乗り替え可能な乗物が地上の乗り物(車・バイク)、水上の乗り物、空中の乗り物の三種類となっており、各ジャンル毎に切り替えた時の乗り換え車種の設定をする必要があります。ですが、地上を走る乗り物の数がダントツで多いにもかかわらず、選択肢としては地上の乗り物として1つしか選ぶ事が出来ないのです。普通車で高速道路を走っていたらはるか先まで直線の道に出た時、F1マシンに乗り換えてかっ飛ばしたい、という事がシームレスに出来ると、とても楽しいと思うのですが、それができないのです…せめてスロットを地上、水上、空中で固定するのではなく、好きな車種をジャンルに固定される事なく3つ設定できるようになっていればもっと楽しさが味わえたのでは無いかな、と思います。

過去にプレイしたゲームと比べ、乗り物のジャンルがここまであるというのが大きな特徴になっているのは間違い無いのですが、そこを融合させる事の難しさみたいなものはあると思います。上で指摘したような『ジャンルによっては単調なレース展開になってしまう』乗り物も出て来てしまうのですが、では、その乗り物は登場させないようにしようというのは早計すぎるんですよね。数多くの乗り物がある事で選択肢を狭めず、違った楽しみを得られるように用意する。そこを楽しみとするプレイヤーもいればこれは乗らなくてもいいかな、といったプレイヤーも勿論居るでしょう。長く遊ぶことに関して言えば、乗り物が多いのはこれほど無い楽しさだと思います。GTAシリーズなどの箱庭系ゲームでは」The Crew 2」以上のジャンルの乗り物に乗る事ができますが、あくまで主人公は「人」ですよね。今作の主人公は乗り物であり、それも自動車に限らず、船から飛行機まで実在する乗り物に乗る事ができるという事を考えると、ただの箱庭レースゲーと言ってしまうのも、また早計だと思います。

今回はゲームの購入に合わせて以下のPS4用サラウンドヘッドセット(CUHJ-15007)でプレイをしてみました。今までPS4、PC用として使用していたヘッドセットのメッシュ部分に穴が開き始めて、ちょうど代用品を探していたのですが、高すぎない価格と高いクオリティで転売ヤーに目をつけられて品薄になっており、ヨドバシカメラで取り寄せ注文をしていました。このヘッドセットがちょうどソフト購入日に到着し、ヘッドセットによる音声体験もこのゲームの魅力として加えてもいいと思います。ちょっとした部分にうーんとなるところもありますが、現状とても楽しくプレイできているので大満足しています。

 発売されてそこまで時間が経過していない今は大半のプレイヤーがお金を稼ぐ時期かと思われるので、ゆっくりしたプレイを楽しむのはしばらく先になりそうです。まだまだ遊び尽くす事ができるゲームなので、しみじみ楽しんでいきたいと思います。PS4でプレイしている方は是非ご一緒しましょう。フレンド登録でもツイッターで声かけでもいただけると嬉しいです。