おれはじつにばかだな

デジモノとアニメが好きな転職ばっかりしてるへなちょこボーダー日記

仮想通貨投資初心者の落とし所を考えてみた。

 

 

どの時間のニュースを見ても仮想通貨の事やってますねー

 コインチェック社の580億円分の仮想通貨流出事件を機に国内の仮想通貨に対する怪しさがまたまた騒がれるようになってきました。

 仮想通貨の流出事件と言えば2014年のマウント・ゴックス社のビットコイン消失事件があり、このときは時価総額470億円前後の消失だったのですが、今回のコインチェック社の事件では580億円分のNEMネム)という仮想通貨の流失となりますので日本円の上ではマウント・ゴックス社の事件を上回り、世界最大の仮想通貨流失事件となってしまいました。流失した通貨については日本円で返還されるようですがコインチェックの信用は一気に落ちてしまいましたね。自分もNEMでは無いですが他の通貨をいくつか預けたままになってしまっているので早く取り出しできるようになって欲しいです。

仮想通貨市場自体は2017年末頃より国内の仮想通貨取引所が民放各局でCM広告を打ったこともあり、多数の新規ユーザーが流入してくることで規模が拡大、全体的な値上がりを見せていました。国内大手取引所のビットフライヤーが下記のバナーで表示されているとおり成海璃子さんを起用し、同じく大手取引所のコインチェック出川哲朗さんを起用されていました。この事から2017年末頃から仮想通貨投資を初めた人のことを「出川組」と呼ぶTwitterユーザーや2ちゃんねらーも数多くいます。(筆者も出川組です)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で  ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

今回の騒動で悪い意味で有名になってしまった『仮想通貨』。自分も少しながらお金を預けている身なので少しでも悪い影響を打ち消しできたらと、ニュースとかを見てちょっと気になっている方向けに簡単な仮想通貨の説明、初心者の落とし所について記事を書いてみます。簡単な内容なのでさらに詳細を知りたい方はググってみましょう。

・仮想通貨って何?

簡単に言えばネット上でやりとりされる通貨データの事を指しています。現実世界では小銭やお札の円で買物を行ったりしますが、仮想通貨はデータが通貨になります。

似たようなものにSuicananacoなどの電子マネーがありますが、あれはプリペイドカードを買っているのと同じで1000円チャージしたものがいきなり5000円分の価値になったりしませんよね。仮想通貨は通貨なのでドルやユーロのように対日本円では価値が変動します。

海外旅行の時に両替所で円をドルにするのをイメージしていただいたほうが分かりやすいです。日本円で外国通貨を両替するのではなく、日本円で仮想通貨を両替し一時的に仮想通貨を保有します。

海外旅行から帰国した時に余ったドルを日本円に両替しますよね。その時に日本円の価値が上がっていれば少し得をすることになります。つまり仮想通貨の価値が上がったタイミングで日本円に戻したときに差額と比べて増えたお金が利益になります。

 

・仮想通貨って怪しいでしょう?

怪しいか、怪しくないかで言えば、まだまだ怪しい世界だと思います。

現状、通貨と言えど実際に買物が使える場所は世界に目を向けても少ないのが現状です。(日本だとビットコインが使えるビックカメラぐらい)つまり表をかえせば、それほど信用に値していないということです。しかし、ビットコインが1枚100万円以上の価値を付けているのは何故なのかと言うと、価値があがると思って投資をしている人が投資をすればするほど値段が上がり、予め低い値段の時(1枚数百円のときとか)投資していた人が十分な利益を得たので日本円などに戻す(利益を確定する)ことで価値が下がる、これの繰り返しやビットコインにまつわるニュース等で今の暴騰や暴落が起こっています。

現状は法制度も進んでいないので投資家のおもちゃにされており、仮想通貨関連で悪いニュースが流れるとすぐに価値が暴落したりします。仮想通貨市場自体は長期的に見るとまだまだ黎明期なのでこれから値段が上がる見方をしている方が多いので市場参入する方は増える一方です。

ですが、仮想通貨の技術自体は革新的なものであるには変わりないのでそこは少しでも抑えておいたほうが今後のためになると思います。

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

 

・どこで買える(両替できる)の?

世界中で仮想通貨の取引所がネット上で開設されており、海外の取引所でもサイト自体は日本語対応(サポートは英語)している取引所もありますが、日本円と仮想通貨の両替できるところはほぼ無いので、最初は国内の取引所で仮想通貨取引用の口座を開設し、日本円を入金してから仮想通貨に両替し、保有するのがおすすめです。

ここ最近は新規ユーザーが多く、各取引所で実際に取引ができるようになるまでは、本人確認のハガキ(簡易書留)が到着した後になるので、時間はかかりますが登録自体は短時間で終了するので、迷っている方は登録だけ先に済ませておいたほうが良いです。口座登録自体は各社『無料』で可能ですし、色々調べたうえでやっぱり手を付けない事にしても場合の口座解約手数料や口座保持手数料とかも現状ありません。

筆者がおすすめする取引所は『bitbank(ビットバンク) 』と『Zaif(ザイフ)』です。

 

 

先程取り上げた『ビットフライヤー』も有名な国内取引所で、大手銀行(三井住友、みずほ、三菱UFJ銀行などなど)が株主となっているのでセキュリティ面ではかなり安心できる取引所です。その一方で、各種取引手数料が高く、仮想通貨初心者が少額を投資した場合に手数料で差し引かれる金額が結構大きいです。

bitbank(ビットバンク) 』はテレビCM等を行っているわけではないので一般的な知名度は低いですが、集客にかまけてセキュリティが万全となっていなかったコインチェック社に比べ、実直なセキュリティ体制や、初心者にも使いやすいインターフェース、良心的な手数料等がコインチェック社の騒動後、改めて評価されて人気が高まっている取引所です。筆者も現状メインで使用している取引所です。

※セキュリティ体制については下記リンクをどうぞ。専門用語が並んでいるので初心者には理解するのは難しいですが各仮想通貨に対して最適な運用体制を説明されているので興味がある方は分からない単語等をググって解読されてみるのをおすすめします。

Zaif(ザイフ)』についてはメインの取引所として使用するのではなく、『コイン積立』サービスを活用するのが便利です。日本国内の取引所でも珍しい仮想通貨の積立サービスを行っており、コインチェック社の事件を受けてセキュリティ面でも取り組みを強化しています。

何故、コイン積立をおすすめするかと言うと、仮想通貨市場自体はまだまだ拡大が予想される右肩上がり市場ですが、暴騰や暴落によって価値の変動が激しい市場です。一定額を投資予定の場合、安値の時に多く購入するのがいいのですが、会社員などの勤め人が一日中相場に張り付いて購入を行うのは現実的には厳しいです。そこで月々一定額を取引所に預けることで、毎日一定額を取引所で代理購入してくれるサービスです(この手法はドルコスト法で調べていただくと理解が早いです)。購入にあたる手数料は購入金額によって変動(月々2千円以下は一律100円、それ以上は3.5~1.5%)しますが、月々1万円以上からが手数料と投資額のバランスが取れていると思います。

・どの仮想通貨を買えばいいの?

これが一番悩みどころかと思いますが、ぶっちゃけ自分自身で仮想通貨の勉強をいただくのが一番良いです。自分のおすすめした銘柄がかならず上がる保証など、誰もできませんので。億り人という言葉もありますがそれが分かるんだったらみんながみんな既に億り人です。

と、ここまで話しておいてそれは無いんじゃないと言われてしまうのもごもっともなので『bitbank(ビットバンク) 』で取扱がある下記の3つ銘柄について簡単に説明をします。その後どのような仮想通貨があるのか勉強をしたうえで、海外の取引所などの口座開設まで歩みを踏んでいただくのが良いです。

ビットコインリップルについては直接日本円から購入できますが、イーサについては一旦ビットコインに両替してから再度イーサに両替という方法を取る必要があります。

 

・Bitcoin ビットコイン(BTC)

仮想通貨界のレジェンド。並み居る仮想通貨の基軸通貨として君臨しています。

色々な技術的課題もありますがアップデートを数多く控えているのでまだまだ成長の余地はあると思われます。仮想通貨と言えばビットコインしか知らない人も世間一般ではまだまだいますので新規参入者がまず買うコインだと思います。

似たものにビットコインキャッシュ(BCH or BCC)がありますが、生き別れの兄弟のようなもので(2017年8月にBTCから分裂した通貨)別の仮想通貨です。

 

・Ether イーサ(ETH)

イーサリアム(Ethereum)と呼ばれることもありますが、通貨としてはイーサと呼び、システム全体の名称をイーサリアムと呼ぶのが正式なようです。イーサは送金時に様々な情報を付加して送金することができ、これを利用したシステムの利用に期待されています。また、拡張性の面からイーサを元にしたトークンの発行も容易に行えるため、イーサが元となっている仮想通貨が数多くあります。

 

・Ripple リップル(XRP)

外国為替・送金ネットワークとしてブロックチェーン技術が採用されたシステムです。この通貨に限って言えば上記のBTCとETHとは異なり、特定企業が開発、研究している通貨になります。何と言っても送金スピードが早く、セキュリティ等も大手銀行等が使用することを念頭に置いて開発が行われています。実際の銀行間の送金に使用されているわけではありませんが、大手送金会社にリップルが採用される事が決定しています。

 

・最後に

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ここで仮想通貨投資に対して必要な心がけをいくつか記載しておきます。

 

■仮想通貨投資は余剰資金で

まだまだ乱高下する相場ですので全財産や、明日の生活に困るような多量な資金の投入はやめましょう。もし、暴落した場合は精神的負担も考えられないものになります。

 

■大量保有する場合は取引所ではなく、ウォレットへ

インチェック社の事件もありましたが、いつ取引所がハッキングされて資産が0となってしまうか分かりません。大量な資産を保管する場合は取引所の口座に保管するのではなく、ウォレットと呼ばれる財布に保管しましょう。PCに保管するソフトウェアウォレットもありますし、ウォレットの鍵をUSBメモリのような機器に保管することで安全性を高めるハードウェアウォレットというものもあります。

 

■投資の世界は自己責任で

色々な事を書きましたがこれにつきます。仮想通貨も立派な投資の一つです。まだまだ法整備もこれからなので銀行預金のような国の保証も全くありません。これで「利益が出ないどころか損したじゃないか!責任取れ!」と言われても筆者は何もできないですし、責任も取れません。

損をしたくなければ下記のガイド本などを購入して勉強するのが一番です。勉強するのが嫌なら手を付けないのが身のためです。勉強したくない=興味が沸かない、ですからね。

 

筆者もあまり利益が出ていないので勉強しつつ、これから市場が活性化してくれるのを願っています!いままで遠い存在と思っていた投資とか資産運用について色々勉強する機会を与えてくれた仮想通貨に対して感謝してます。

 

ではではこのへんで。 

ビットコイン投資やってみました!

ビットコイン投資やってみました!